銀座線路線図


銀座線路線図

銀座線路線図の駅:

渋谷-表参道-外苑前-青山一丁目-赤坂見附-溜池山王-虎ノ門-新橋-銀座-京橋-日本橋-三越前-神田-末広町-上野広小路-田原町-上野-稲荷町-浅草

オリエントで初めて築いた地下鉄線は東京メトロの銀座線であり、現在は東京の渋谷駅から浅草駅まで走っています。とても人気のある線で、東京のビジネス街を通っています。

銀座線はスタンダート幅レール(1435㎜)と共にパンタグラフは使わなくて、3本目のレールで充電するので他の線との交差はありません。

銀座線の第一部分は1927年に東京地下鉄道により構築され、浅草を上野に結び付けました。1934年には新橋へと延長された。渋谷から品b氏の部分は東京高速鉄道(東急株式会社に合併された会社である)によって構築され、浅草~上野部分に接続された。

1941年には2つの部分が合併され、帝東高速トランジット会社(TRTA)のもとに管理され、2004年に東京メトロに引き継がれた。TRTAにより、1953年に「銀座線」と命名された。

戦後、銀座線にまつわる問題は駅とトンネルのサイズにあった。日本で最も古い地下鉄線であり、たくさんの乗車客を見込んでいなかった。拡大することも実用的でない。

トンネルや駅のサイズにより、各列車は6両編成で、車両サイズは16メートル。バイパスのために設置された半蔵門線と比較すると10両編成で20メートルのものを利用している。トンネルの小ささにより、冷房機は1990年代(小型化)までに導入が困難でした。

主な駅

浅草駅

浅草は日本のもっともに気のある一つの地域です。浅草寺が人気で、東京の下町地区を散策するのに最適な場所です。新しくできた東京スカイツリーの近くでもある。

浅草駅では東映地下鉄浅草線と東武伊勢崎線に乗り換えることができる。

渋谷駅

渋谷は銀座線路線図の最終駅の一つでもあり、銀座線で唯一の地上駅です。渋谷は小さな谷のもとにあり、銀座線はビルの3階に出て、駅に到達します。

渋谷駅では東京メトロ半蔵門線、副都心線、特急とよこ、田園都市線、そしてJRの山手、埼京、湘南新宿線に乗り換えることができます。